クレンジングを濃密に使っている?

MENU

クレンジングをうまく活用

クレンジング

クレンジングをうまく活用しているとふと思うことがあるのですが、オイルクレンジングの石油系界面活性剤が強いのになると基本的に肌が傷むとあるのですが、石油系界面活性剤というのはクレンジングだけでなくシャンプーなどにも使用されていますよね。

 

石油系界面活性剤が濃密すぎると基本的には刺激が強いといわれていますよね。

 

シャンプーとかでは石油系というよりも植物性で生成されているようですが、台所用洗剤の方が石油系になるので、毎日洗い物をしている場合に手が荒れてしまいやすい方もいればそうでもない方もいるように、私の場合には手が荒れてしまうため基本的にクレンジングでも石油系は使用していませんが、できるだけ刺激が弱いのを使用しています。

濃密クレンジング使っている?

クレンジング

洗顔はスキンケアの基本といわれているけれども、やはりクレンジングも石鹸と同じように洗顔料に当たる部分があるため、クレンジングもスキンケアの基本になるかもしれません。

 

スキンケアの基本でもあるクレンジングや洗顔石鹸で共通するのは汚れを落とすことになるので、汚れを落とす時に刺激が強くて肌を痛めてその後に回復させてもプラスマイナス0のようになるのでしっかりケアしていくとやはり刺激が少ない状態で肌をケアしていくというのが効果的です。

 

オイルクレンジングは今でも主流ですが、ウォータークレンジングなどのふき取り系も簡単で人気です。

 

ただ肌を汚れと一緒にふき取るので、肌に傷をつけやすいというデメリットがあります。

 

他にも美容成分が多いリキッドクレンジングや肌を痛めにくいクレンジングリームなど選べる範囲が多くその中に商品としてのメリットなども違うのでしっかり自分に合ったクレンジングを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

クレンジングを濃密に使っている?おすすめサイト