食事制限をするとあまり良くない?

MENU

ダイエットなどを通じた食事制限

食事制限

ダイエットなどを通じて食事制限をしたりすると女性ホルモンの量が低下してしまう理由はあるのでしょうか?

 

まず食事制限をする事で食事の量が全体的に減ってしまうというのがあります。その際に大きく分けて2つ理由があるかもしれません。

 

食事量が低下する事での空腹感です。

 

もう1つは栄養バランスを変えないで食事量が低下する事で栄養バランスがより崩れてしまうという2つの事が大きく影響してしまうかもしれません。

 

空腹感というのは1つのストレスになります。

 

ストレスというと緊張感や一番なのは対人ストレスなど色々あります。

 

その中でも空腹感って我慢しようと思えばできますが、脳にとってみれば一番ストレスに感じるのも直接生命に関係するからでしょう。

なるべく食事制限しないほうが楽はラク

食事制限

ですので、我慢は出来るけどホルモンなど指令を送る視床下部などを含めて脳に栄養がいかなくなるというよりはストレスを強烈に感じるので、女性ホルモンの量よりも生命の維持にスイッチが切り替わるようになるようです。

 

ですので、実際に空腹感のストレスと脳が感じるストレスというのはあまり一致しないというのがあるかもしれませんね。

 

もう1つの栄養バランスについてですが、栄養のバランスはハッキリ言って微小な栄養素などもあるので、完璧に栄養バランスを整えるというのは難しいでしょう。

 

バランスが悪い状態で、全体の栄養量を落としてしまうので、微小に必要な栄養素がほとんどとれなくなるリスクがあります。ビタミンやミネラルが該当しやすいかもしれませんね。

 

そうすると微小でも身体を円滑に機能させる栄養がストップしてしまうので、女性ホルモンなどの円滑にするための機能も低下しやすい傾向があるようです。

 

ダイエットととかではカロリーを制限するというのが定着してしまっているというのがこのような現象が起きやすい1つの理由かもしれませんね。

 

なるべく食事制限をせずに健康的にダイエットできれば一番ストレスもないんですけどね。

 

 

 

背中の産毛を綺麗にしたいと考え中おすすめサイト